ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

シネマアナリスト八雲ふみねさんの連載コラムです。耳寄りの映画・ODS上映作品等についてご紹介していきます。

まだ誰も観たことがない「GANTZ」の世界が完成した! 【八雲ふみねのシネマコンプレックス】

10月からスタートしました「八雲ふみねのシネマコンプレックス」。シネマアナリストの八雲ふみねが、映画・ODS上映作品について紹介していきます。

第3回は、10月14日(金)に公開された映画『GANTZ:O』を特集します。

“フル3DCGアニメーションの金字塔”とも呼べる完成度!

累計発行部数2,100万部。死んだはずの人間たちと謎の星人との壮絶な死闘を描いた、奥浩哉原作のSFアクションコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪編」が、フル3DCGアニメーションとして完全映画化されました。その名も、『GANTZ:O』。ちなみに、読み方は「ゼロ」じゃなくて「オー」。「大阪」の「オー」ですね。

総監督には一世を風靡した『TIGER & BUNNY』の さとうけいいち監督。さらに日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が監督を務めました。脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』などのアニメ作品に限らず、「ストロベリーナイト」「LIAR GAME」など実写作品でも多くの傑作を生み出している黒岩勉と、充実の製作陣。最新技術を惜しみなく注ぎ込み、アニメーションと実写を“いいトコ取り”したような迫力の映像が完成しました。

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝は、次の瞬間、マンションの一室にいた。そこで出会ったのは、玄野というリーダーを亡くし失意にあるガンツの東京チーム。彼らと共に転送された先は東京ではなく、火の手があがる大阪。

曲者ぞろいの大阪チームとの遭遇、妖怪型星人軍団との戦闘など、様々な事態に翻弄されながらも、加藤はたった一人の家族である弟の元へ返るために奔走するも、彼らの前に大ボス“ぬらりひょん”が立ちはだかる…。

大阪出身の八雲としましては、見慣れたミナミの街周辺がフル3DCGで忠実に再現されているというだけで、テンションがアップ。上空からの俯瞰映像なんて、まるでヘリコプターから街を見下ろしているような臨場感です。そこでGANTZチームがバトルを繰り広げているワケですから、これはもう感慨深い!!

そしてこれだけは触れずにいられないのが、ぬらりひょんの存在。どれだけ強くて不気味か、これはもう映画館でしっかり体感してほしいですね。

主人公・加藤に小野大輔、ヒロイン・山咲杏役をM・A・O、西丈一郎役を郭智博、レイカ役を早見沙織、鈴木良一役を池田秀一、ぬらりひょん役を津嘉山正種、木村進役を小野坂昌也、平参平役を津田健次郎、原哲男役を小川輝晃、そして原作「GANTZ」の主人公・玄野計役を梶裕貴がそれぞれ担当し、声優陣もとても華やか。

そして、ニッポン放送 吉田尚記アナウンサーが出演しているコトも忘れちゃならない!どんな役で登場するかは、映画を観てのお楽しみ。

…というコトで、とにかく超リアルを追求したこの映像は、原作ファンをも唸らせる一作です。

GANTZ:O
2016年10月14日から全国ロードショー
原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
キャスト:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRG、津嘉山正種、小野坂昌也、津田健次郎、小川輝晃、梶裕貴 ほか
©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
公式サイト http://gantzo.jp/

  • 『黒子のバスケ』 応援上映で映画館が試合会場に! 【八雲ふみ…

  • いよいよ劇場版プロジェクトが始動!『黒子のバスケ ウインター…

  • ほんの少し勇気と“こえ”を出せば、きっと人生はもっと豊かになる・・・映画『聲の形』

    ほんの少し勇気と“こえ”を出せば、きっと人生はもっと豊かにな…

  • 新海誠監督の作品に触れると、誰かに‘会いたく’なる。

人気記事