ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

フランスで「第9の芸術」と称される「漫画」に焦点を当てた、ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』。2016年7月22日から9月25日まで東京・森アーツセンターギャラリーにて開催される同展の魅力に迫ります!

人気声優・中村繪里子さんに聞く 「特別展 ルーヴルNo.9」の魅力

日本の人気漫画家とフランス語圏のBD(バンド・デシネ)作家らが「ルーブル美術館」をテーマに創作した作品を展示するルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」が、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中です。

ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」は、フランスのルーブル美術館が2005年から進めている「ルーヴルBDプロジェクト」の一環で制作された作品の原画・資料・映像などを300点以上公開。フランス語圏からは、ニコラ・ド・クレシーやエリック・リベルジュ、エンキ・ビラルら9名の「バンド・デシネ作家」が参加。日本からは「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦や、「孤独のグルメ」の谷口ジロー、「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリら7名の人気漫画家が参加し、合わせて16名の作品が会場に展示されています。

会場を訪れた、人気声優の中村繪里子さんに、感想をお聴きしました!

<中村繪里子さんの感想>

どの漫画も続きや全貌が気になってしまいます。

荒木飛呂彦さんの「地下に行くたびにどんどんと変わっていく色のトーン」、谷口ジローさんの「おもわずグルメシーンないのかな?って思っちゃうシンパシー」、ヤマザキマリさんの「セリフで説明できない絵の力」、坂本眞一さんの「『イノサン』で読んでた人々にまた会えたデジャブ(悲しい出会いですが)」など、おもしろいところがたくさんあります。

そして、五十嵐大介さんの「色遣い」いいですよね!この夏の会期にぴったりの涼やかさで、深呼吸しちゃいました。寺田克也さんは、構想がホントにおもしろいのっ!文字もよみやすくて。ううん、読んでるんじゃなくて文字も画の感覚で見てました。

最後の米津玄師さんのイラストがひっそりあるところにもくすぐられたり、モナリザに描かれたライブイベントもすごかったし全作家さんたちの全編が観たいです!

バンド・デシネのマエストロたちは、まだ名前が覚えられなくて、「寄り目の犬」買おうか、「ルーヴル図説本」買おうか、すんごい迷いましたよ!

あ~、ほんとに話したいことがいっぱい(笑)!

ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」は、森アーツセンターギャラリーで現在開催中です。

【イベント概要】
ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」
会期:2016年7月22日(金)〜9月25日(日)※会期中無休
開館時間:10:00〜20:00(最終入場 19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1  六本木ヒルズ森タワー52階)
公式HP http://manga-9art.com/