ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

back number 話題作「ルドルフとイッパイアッテナ」の主題歌を書き下ろし!

昨年12月にリリースしたアルバム「シャンデリア」が50万枚を超す売り上げを記録し、今年5月にリリースした「僕の名前を」もiTunesウィークリーチャートやビルボードウィークリーチャートで1位を記録。ニッポン放送で「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めるなど、大活躍中のback numberが、この夏話題の3DCGアニメ「ルドルフとイッパイアッテナ」の主題歌をこの映画のために書き下ろした新曲「黒い猫の歌」で担当することになった。

「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・原作)は1987年に刊行され、シリーズ累計100万部を誇る児童文学の不朽の名作。世代を超えて愛され続けている原作を「劇場版ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦監督、全米で人気を博した3DCGアニメ「パックワールド」の榊原幹典監督ら、日本屈指のクリエイターが集結してアニメ化。さらに、井上真央や鈴木亮平らが声優として参加し、この夏最も注目されている感動の作品となる。

なお、back numberは現在自身最大規模にして全ヶ所即日ソールドアウトとなったアリーナ12公演を含む全国ツアー中だ。

〈back number清水依与吏(Vo&G)のコメント〉
きっと多くの子供達が感覚を養う大切な時期に目にする事の多い映画だと思うので、なるべくポジティブな楽曲にしたいと思いました。一方で、その子供達が大人になってもう一度この映画を見た時に、初めて紐解けるメッセージも必要だと感じました。ルドルフの色、『黒』をキーワードに、『探し続ける事』と『受け入れる事』その両方が肯定できる楽曲になったと思っています。

〈井上真央さんの主題歌へのコメント〉

back numberさんの曲は、去年、友人に薦められたのがきっかけでよく聴くようになりました。移動の車中でアルバム「シャンデリア」をずっとリピートしていたので、スタッフさんがその事を知って、主題歌をお願いしてくれたのではないかと思ってしまったほどです。主題歌を聴いたとき、映画の世界観にぴったりだと思いました。子供たちだけでなく、大人も余韻に浸れるような曲になっていて、そっと背中を押してくれるような歌詞と優しい歌声です。是非、皆さんも癒されてください。

〈企画・プロデュース 岩佐直樹氏からの主題歌起用についてのコメント〉
前向きな楽曲で作品を締めくくりたいという監督の思いを受け、“等身大の歌詞”で絶大なる共感を得ているback numberさんに、2匹の生き様に寄り添いながら、ラブソングとはまた違った普遍的なメッセージを歌い上げて頂きたいと思い、オファーさせて頂きました。前向きな気分で劇場を出られる素敵な曲を作って頂き、感謝しております。

【映画「ルドルフとイッパイアッテナ」】

1987年に刊行されシリーズ累計100万部を誇るベストセラー「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・作)。大人の心にも響く児童文学として人気の高い作品。この世代を超え愛され続けるノラ猫たちの感動ストーリーが3DCGアニメで動き出す。監督は「劇場版ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦と、全米で人気を博した3DCGアニメ「パックワールド」の榊原幹典の最強タッグ!さらに「映画 妖怪ウォッチ」の加藤陽一が脚本を担当。日本の2DCGアニメ界最高峰のクリエイターたちが猫の毛1本1本まで魂を吹き込み、今まで見たこともない作り上げた映像に。国民的女優、井上真央や躍進著しい俳優鈴木亮平ら豪華キャストが作品に声という形で命を吹き込み!この夏一番泣ける、二匹の猫の感動の物語にご期待下さい!

【ストーリー】
大好きな飼い主と突然はなればなれになってしまった黒猫のルドルフ。迷い込んだ長距離トラックで辿り着いた先は、大都会・東京。そこで出会ったのは町で最も恐れられている大きなボス猫・イッパイアッテナ。ルドルフは故郷へ帰ることもできずイッパイアッテナとともにノラ猫として生きていくことに。しかし、イッパイアッテナには思いもよらないヒミツがあったのです―。

出演:井上真央、鈴木亮平、八嶋智人、古田新太
原作: 「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・作)
監督:湯山邦彦・榊原幹典
脚本:加藤陽一
製作:2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
配給:東宝
公式サイト:http://www.rudolf-ippaiattena.com/
公式Twitter:@rudo_ippai
公式ハッシュタグ:#ルドルフとイッパイアッテナ
8月6日(土)より 全国東宝系にて3D/2D公開

【back number Profile】

Vocal & Guitar : 清水依与吏(シミズイヨリ) 群馬県太田市出身 (1984年7月9日生まれ)
Bass : 小島和也(コジマカズヤ) 群馬県伊勢崎市出身(1984年5月16日生まれ)
Drums : 栗原寿(クリハラヒサシ) 群馬県伊勢崎市出身(1985年7月24日生まれ)

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』をリリース。2010年6月、1stフルアルバム『あとのまつり』をリリース。2011年4月6日にシングル「はなびら」でメジャーデビュー。10月にオリジナルアルバム「スーパースター」をリリース。2012年11月に3rdアルバム「blues」をリリース、その後の全国ツアーは17ヵ所19公演が全て即日完売、さらに2013年9月7日に行われた初の日本武道館公演も即日完売となり大成功を収めた。2014年3月4枚目のアルバム「ラブストーリー」をリリース。5月からはそのアルバムを引っ提げた初の全国ホールツアー「love stories t our 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即日完売 !!! 追加公演で行われた横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホール1DAYも即日完売となり大成功を収めた。2015年1月に発売されたシングル「ヒロイン」はJR SKISKIのCMソングに、5月に発売された「SISTER」は大塚製薬ポカリスエット イオンウォーターCMソング、8月には「NTT DOCOMO CMソング」「手紙」をリリース。11月にリリースしたCX系月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌「クリスマスソング」が大ヒット。さらに12月にリリースしたアルバム「シャンデリア」は50万枚を超す 大ヒットに。現在1月からスタートした全国ツアーの前半ホールツアーを4月に終え、6月4日の名古屋日本ガイシホールからの全国アリーナツアー中。

最新シングル「僕の名前を」2016年5月25日リリース

UMCK- 5599/¥1,000+税

-収録曲-
1.僕の名前を
2.パレード
3.ひとくいにんげん
4~6 各instrumental

・アルバム「シャンデリア」2015年12月9日リリース
UMCK-1528 /\3,000+税

【TOUR SCHEDULE】 全箇所ソールドアウト!!
1月24日(日)【千葉】市川市文化会館 大ホール
1月28日(木)【東京】たましんRISURUホール(立川市市民会館)
2月04日(木)【大分】iichikoグランシアタ
2月06日(土)【宮崎】宮崎市民文化ホール
2月11日(木祝)【奈良】なら100年会館
2月12日(金)【三重】四日市市文化会館第一ホール
2月19日(金)【広島】上野学園ホール
2月21日(日)【岡山】岡山市民会館
2月25日(木)【神奈川】神奈川県民ホール
2月28日(日)【茨城】茨城県立県民文化センター
3月03日(木)【北海道】ニトリ文化ホール
3月04日(金)【北海道】旭川市民文化会館 大ホール
3月12日(土)【兵庫】神戸国際会館こくさいホール
3月13日(日)【京都】ロームシアター京都
3月20日(日)【新潟】新潟県民会館
3月21日(月祝)【富山】富山オーバード・ホール
3月25日(金)【静岡】静岡市民文化会館大ホール
4月01日(金)【愛媛】松山市民会館 大ホール
4月03日(日)【香川】アルファあなぶきホール 大ホール
4月08日(金)【福島】郡山市民文化センター 大ホール
4月09日(土)【長野】ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
4月15日(金)【宮城】仙台サンプラザホール
4月17日(日)【青森】リンクステーションホール青森
4月23日(土)【沖縄】ナムラホール
4月24日(日)【沖縄】ナムラホール
4月27日(水)【埼玉】大宮ソニックシティ大ホール(振替)
4月29日(金祝)【群馬】ベイシア文化ホール 大ホール(追加公演)

【アリーナ公演スケジュール】 全箇所ソールドアウト!!
6月04日(土)【愛知】名古屋 日本ガイシホール
6月05日(日)【愛知】名古屋 日本ガイシホール
6月18日(土)【千葉】幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
6月19日(日)【千葉】幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
6月29日(水)【大阪】大阪城ホール
6月30日(木)【大阪】大阪城ホール
7月09日(土)【福岡】マリンメッセ福岡
7月10日(日)【福岡】マリンメッセ福岡(追加公演)
7月14日(木)【東京】日本武道館(追加公演)
7月15日(金)【東京】日本武道館(追加公演)
7月23日(土)【群馬】ヤマダグリーンドーム前橋
7月24日(日)【群馬】ヤマダグリーンドーム前橋

<ツアー特設サイト> http://backnumber.info/tour2016