ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

「俺の今日は4コマまんがの4コマ目」

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、6月6日(月)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記とアシスタント松井玲奈リスナーで作り上げるオープニングコーナー「クイズ24時02分」の模様を書き起こしでお届けします!

こんばんは、最先端の技術を見つめる秋葉原大好き、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記です。

どういうのが好きかというと、最近はVR(ヴイ・アール)、ヴァーチャルリアリティと、ディープラーニング(深層学習)という言葉とか、ちょっと聞いたことあるでしょ? VRはちょっと置いといて、ディープラーニングって要は人工知能の話なのね。

で、コンピュータがどんどん人間みたいに頭を使えるようになっていくというのがあって、この世界の何が面白いかって、今日も生放送でやってますけど、先週できなかったことが今週出来るようになっていたりする分野なんです。すごい勢いで進歩している。

今週、その技術者の人に話しを聞きに行ったところ、先週まではコンピュータの作曲はそんな得意じゃなかったんだけど、今週は作曲ができるようになったんだって。コンピュータが! スゴイでしょ。

さらにスゴイのは、4コマまんがあるじゃない。4コマまんがの3コマ目を見せると、4コマ目をコンピュータが勝手に書くんだってもう・・・。

意味わかる? 例えば3コマ目に「象」と「水たまり」があったとき、ある人工知能にそのコマを見せると、次のコマで「象」が「水を飲んでる」ていうコマになって、オチが面白いかは別ですが、ストーリーが進むんです。

さらにもうひとつ別の人工知能に見せると「象」が「水に落ち」たりする(ことを描く)んだって。

おもしろいのが、人工知能によって、導き出すオチが違うんだって。いつのまにかもう、人工知能界の長谷川町子とか、人工知能界の植田まさしみたいなものがいるんだって!!

スゲーッ、コンピュータめちゃくちゃすごいじゃない、って思ったんですけど、今日その話を聞いたあとにハタと自分のことに振り返って「俺の今日は4コマ目」だって思ったの。なんでかって言うと、今までが3コマ目だとして、今日が4コマ目だと考えれば、これ綺麗に加藤芳郎先生の世界(テレフォン人生相談)にいるみたいな状態になるなって笑・・・。

ということで今日の問題はこちら。

私が、あっ、これ4コマ目に入れるべきだなって思った、私が今日起こしてしまったある事件(ってほどではないですけれど)人間の誤作動(馬鹿な行動)はどんな誤作動だったでしょうか?

吉田:ニッポン放送第4スタジオからお届けしています。ニッポン放送アナウンサー吉田尚記です。そして月曜日アシスタント、本日も舞台の稽古帰りのこの方・・・。

松井:はい、みなさんこんばんは、アシスタントの松井玲奈です。

吉田:さて、僕が4コマ目に何をしでかしたのか・・・

ラジオネーム コーダ88さん「全裸だった・・・」
それ3コマ目に間に合ってないので無理だから笑・・・。

1コマ目「なんとかっていうところか、最先端技術見に行くと言えば・・・」
2コマ目「研究者の人に何かを聞いているところ・・・」
3コマ目「コンピュータをこう使うとこういうことができる、スゲー」
って言うところまでで一つの話・・・。
だけど、4コマ目に「でもコイツさっきまで・・・って言ってなかった?」みたいな話・・・。

さてメール頂きました。

松井:ラジオネーム ミッチェルさん
クイズに関するリアクション、いつかラジオのパーソナリティも人工知能になって吉田さんはいらなくなるんですかね? 寂しいですね。

吉田:待ってください、本当に寂しそうに読むのやめてください笑。

松井:クククク・・・。

吉田:でも実際のところ、あり得るなって思いますね・・・。

松井:ま、そうですよね。

吉田:改めて今日の話。秋葉原に行ってて、何を教えてもらったかというと、人工知能でいろんなことが出来るようになってて、3コマ目の画像を見せると、4コマ目が自動生成される、スゲーなと思った。新聞の左上とか毎日書いている人ってスゲー大変じゃない。あれを人工知能の植田まさし4号さんとかが、次々「コボちゃん」書いて、120万回目とか出す日が来るかもしれない笑・・・みたいな話だったわけ・・。

松井:はいはいはい・・・・。

吉田:でも振り返ってみれば、それを使うのは人間だなと。人間自体のほうが愚かだとしょうがないなというのを、その日一日の行動を振り返ってみて改めて思いました。つまり(最先端技術の)話し聞いているのが3コマ目とするなら、4コマ目を回想すると「でもさっきあいつあーだったじゃん?」っていう(最先端とは程遠い)愚かな行動を僕はしてしまっていたんです。さてそれは一体何だったんでしょうか、というのがクイズなんですが・・・。

ラジオネーム はんぺん侍さん
一日中ズボンのチャックが開けっ放しだった・・・

昭和か!?

ラジオネーム はんぺん侍さん 続き
食パンだと思って口に加えていたのがiPadだった・・・

デジタルな感じね・・・。

ラジオネーム しょたのさん
仕事のメールを間違えて嫁に送った・・・

ありそうありそう・・・ということで正解、けっこういらっしゃいました。

ラジオネーム はるかぜさんほか、私がやってしまった4コマ目っぽいのはこちら。

「取材に行く先をそもそも間違えていた・・・」クククク笑・・・。

一番最初、ずっと秋葉原、最先端技術だから秋葉原、アキハバラだってずっと思ってたんだけど「それ虎ノ門っすよ」って言われて、クククク・・・。いかに人工知能が進歩しても俺が進歩しないとダメ・・・という40歳がお送りしました笑。