ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センター デジタルソリューション部 吉田ルーム 担当副部長・アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

松井玲奈が「小河ドラマ 織田信長」に「はらはらなのか。」などに立て続けに出演で、作品のテイストが違いすぎで受け取り側が大混乱!?

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、3月20日(月・祝)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記と月曜アシスタント松井玲奈のオープニングトークを書き起こしでお届けします!

吉田:スタジオにはハッピーターンと白い風船の山があります。こんばんは、ニッポン放送アナウンサー吉田尚記です。今日も有楽町のニッポン放送の第4スタジオから生放送でお届けしておりますが、目の前に座っているのはこの方。

松井:皆さんこんばんは、松井玲奈です。

吉田:これって玲奈ちゃんが大量に、いろんなドラマとか出るとスタジオにハッピーターンが届くシステムなの?

松井:違いますよ笑。今ちょうど渋谷のユーロスペースで公開してる『小河ドラマ 織田信長』っていう作品があって。

吉田:小さい河と書いて大河じゃないよ小河だよっていうね、織田信長っていうドラマに出ていて・・。

松井:そこで織田信長がたくさんハッピーターンを食べるんです。

吉田:ふふふ笑。

松井:だから今日ハッピーターンがいっぱいある!!

吉田:「だから」じゃないですよ。

松井:えっ!笑

吉田:とりあえずハッピーターンがある理由というのは小河ドラマのせいなんですね?

松井:そうです!

吉田:織田信長が現代にタイムスリップしてくる系のやつですよね?これってみんな一回はドラマとか漫画とか考える時に作りそうだけど、そこでどんなディティールを詰めるかが勝負じゃないですか?誰ですかハッピーターンが好きって言い出したのは笑。

松井:三宅裕司さん・・。あ、三宅弘城さん!

吉田:びっくりしたー笑!

松井:ごめんなさい間違えちゃった笑。

吉田:三宅弘城さんが「ハッピーターンが好きそうだ」って言い出したってことですか?

松井:いや違います。織田信長が現代にタイムスリップして来た時に私は「織田信長のドラマを作ってる」っていうディレクター役なんですけど・・・。

吉田:玲奈ちゃん現代人?

松井:現代人です。そのスタッフルームにハッピーターンがいっぱい置いてあるんですよ。それを見て(織田信長が)「なんだこれは!」って言って、「食べれますよ」って言ったらビニールの付いたままハッピーターンを食べるってシーンがあって、織田信長はハッピーターンが好きなんだっていう笑・・・。

吉田:この辺のディティールでお判りだと思う通り、ここに「小河ドラマ織田信長」のチラシが手元にあるんですけど、玲奈ちゃんと・・・これ織田信長ですよね?

松井:はい、三宅さん。

吉田:あの、ロバートの秋山さん、これ誰なんですか?

松井:織田信長です。現代のドラマの中で織田信長を演じるのが秋山さん。

吉田:あー、で三人が全員セグウェイに乗っているっていう、こじらし系のドラマが行われている・・。

松井:はい笑。

吉田:僕がアニメジャパンで刀剣乱舞のイベントの司会とかしてるうちに、いつのまにかそんなことなさってたんですね松井さん笑。

松井:そんな事をやってました笑。

吉田:しかも今週あれでしょ?また映画も公開になったりするんですよね?

松井:はい、4月1日に『はらはらなのか。』という映画が公開になります。

吉田:働いてますけど、出てる作品のテイストがそれぞれ違いすぎてて・・・。

松井:そうなんですよ!びっくりしてます自分でも!

吉田:自分でも?混乱・・・まあ混乱も何も無いっすか?

松井:混乱はしてないですね。多分受け取る側が混乱してると思います。

吉田:受け取る側ね!「これも玲奈ちゃん?」みたいになってる。

松井:「あれも松井玲奈か」みたいな・・。明日の深夜には地上波で超絶変顔が流れるので笑。

吉田:え?そうなの?

松井:はい。『笑う招き猫』のドラマがありまして。

吉田:そうだね~!

松井:顔面頑張ってます。

吉田:でもまあね、でも私もアニメジャパンも11本ほどイベントの司会しておりまして。なんでか最後のステージとか、なぜか「DJやってください」と言われてDJやってたりとかしたんですが、明日は委員をやることになってまして。

松井:あれですね?

吉田:俺あんまアナウンサー業務やってないんだよなぁ・・。委員やってまして、明日ですね、マンガ大賞が発表になるんですよ。マンガ好きの人たちがマンガをあまり読まない人にも「今これがオススメだよ」と友達に勧めるならこれという作品をガチ投票で選ぶ。特徴としては議論とか一切しないっていう。自分で読んで良いと思ったやつに投票しろっていうシステムで選んでるんですが・・。今13作品ノミネートされていて、明日その中から大賞が発表されるということになっております!

松井:はい!

吉田:『アオアシ』『金の国 水の国』『ゴールデンゴールド』『東京タラレバ娘』『ハイスコアガール』『ファイアパンチ』『私の少年』『からかい上手の高木さん』『空挺ドラゴンズ』『ダンジョン飯』『波よ聞いてくれ』『響~小説家になる方法~』『約束のネバーランド』というラインナップに今年はなっているわけなんですけども・・。詳しくは、言ってしまいますと、委員なんで、知ってるので、明日大賞が発表される人。もう明日先生ブッキングしました!

松井:あーお!

吉田:来ます!大賞発表直後に生放送に来てくれるのでお楽しみに!!

松井:素晴らしい!(拍手)

この日の番組をradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。