ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

鈴木みのりと岩井映美里がモーションキャプチャーでアイドルに!?「生放送アニメ 直感×アルゴリズム♪ 制作発表ステージ」【AnimeJapan 2017レポート/吉田アナMC行脚⑥】

2017年3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催の「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」。そのステージイベントやブースイベントなどの情報をレポート。

この記事では、初日25日(土)のBULEステージでラストに行われたステージの模様をお届けする。

そのイベントは、「(仮)バーチャルアイドルプロジェクト ~NTTドコモ×ミグ文化×中国移動 presents~」と発表されていたものだが…

キリン(麒麟)ちゃんとサイ(犀)ちゃんの二人が登場するアイドルアニメ。キャタクターデザインには、初音ミクなどの「KEI」さんが担当する。キリン(麒麟)ちゃんとサイ(犀)ちゃんの二人が登場するアイドルアニメ。キャタクターデザインには、初音ミクなどの「KEI」さんが担当する。

BLUEステージに赴くとスクリーンには「生放送アニメ 直感×アルゴリズム♪ 制作発表ステージ」と。

そして司会の吉田尚記アナウンサーが登場。

3年前の2014年、この「AnimeJapan」で発表され、同年放送された“生放送”アニメ「みならいディーバ」を自身がプロデュースしていたことを説明。いわばその延長上にあるのが今回の企画。

しかし、今回の「生放送アニメ」、技術的な凄さはもちろんのこと、エンターテインメントのパワーの入れ方が凄いとのこと。その肝になるのが劇団ヨーロッパ企画。上田誠氏(写真左)が企画協力、西垣匡基がシリーズ構成を担当する。

そして…

声優の鈴木みのり(写真左)と岩井映美里。この2人が…

キリン(麒麟)ちゃん(左)とサイ(犀)ちゃんのCVとなる。キャタクターデザインは、初音ミクなどでおなじみ「KEI」。

日中同時配信されるということで、キリンちゃんが日本語、サイちゃんが中国語をしゃべるキャラということだが、希林ちゃんは鈴木、サイちゃんは岩井が担当。そう、岩井は中国語が得意なのだ。

 

そして、今日の一番の盛り上がりとなったのが、岩井さんによる「モーションキャプチャー」のデモンストレーション。彼女のからの動きが、そのままスクリーンに登場するサイちゃんの動きになるのだ。

そこで、サイちゃんによる、ボールでのブロック崩しに、モーションキャプチャーで挑戦!

角度や距離感をつかむまでが大変のようで、何回もチャレンジしていったが、それを会場が応援していくという一体感が生まれていった。そして「ラスト1回」でブロックを飛ばすことができて、大きな拍手に包まれ、イベントは終了となった。

応援するという意外な要素が発見できたのは、このアニメが『バーチャルアイドルの成長奮闘物語』というテーマに対して大きな意味があったのかもしれない。そして今年2017年の夏の放送開始までにますます進化するであろうモーションキャプチャー技術も楽しみだ。

・・・イベント終了後に、AnimeJapan内「直感×アルゴリズム♪」ブースでパチリ!

鈴木みのりさん、岩井えみりさん、お疲れさまでした!

 

「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」のステージイベント・ブースイベントを、当サイト『yoppy』では続々レポート展開。別記事もぜひチェックを! ⇒INDEXはコチラ