ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センター デジタルソリューション部 吉田ルーム 担当副部長・アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

“ほぼ打ち上げ”のAJフィナーレイベントに「BanG Dream!」と「プリパラ」が集結!~AJ x LIVE DAM STADIUM【アニカラ☆JAPAN】スペシャルステージ 【AnimeJapan 2017レポート/吉田アナMC行脚⑪】 

2017年3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催の「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」。そのステージイベントやブースイベントなどの情報をレポート。

この記事では、2日目・26日(日)のオープンステージで行われた、『AJ x LIVE DAM STADIUM【アニカラ☆JAPAN】スペシャルステージ』の模様をお届けする。

まず登壇したのは、司会の吉田尚記アナウンサー。

本日最後のステージということで、「今回はほぼ打ち上げみたいなステージだと思ってます!ワイワイやっていいですよ!僕も今回11ステージ目で結構働いたので、何かをステージにぶつけたい!」と、盛り上がる気満々であることをアピール。

続いての登壇者は、「BanG Dream!」(通称・バンドリ)より、Poppin’Party(ポッピン パーティー)から、愛美(戸山 香澄役)、大塚紗英(花園 たえ役)、西本りみ(牛込 りみ役)。

またDAMにちなんでカラオケの話題になると、それぞれ“ヒトカラ”を楽しむことが多いことを明かした。メンバーの大塚は、セットリストを自分好みにしたいとこだわりを語った。しかしメンバー同士で行くこともあるそうで、「みんなのモノマネをしあいながら歌うのがブームです。」と楽しげに話していた。

続いての登場は、TVアニメ「プリパラ」より、i☆Ris(アイリス)の山北早紀様(東堂 シオン役)、芹澤優(南 みれぃ役)、歌手の小林竜之(アサヒ役)。

3人ともカラオケに行くそうで、Poppin’Partyと同じくみんなヒトカラが好きであることを明かした。

トークを終えると、吉田アナのDJタイム。
「アナウンサーの仕事と全然違うから、普通に楽しいんだよね!」とハイテンションで叫ぶ吉田アナ。

その熱狂っぷりに呼応するように、会場が1つになって大盛り上がりとなった。

そのセットリストはコチラ。

1)ようこそジャパリパークへ(「けものフレンズOP)
2)青空のラプソディ(「小林さんちのメイドラゴン」OP)
3)Make it!(「プリパラ」OP)
4)走り始めたばかりのキミに(「BanG Dream!」より)
5)Snow halation(「ラブライブ!」挿入歌)
6)トゥッティ(「響け!ユーフォニアム」ED)
7)シュガーソングとビターステップ(「血界戦線」ED)
(※DAM CHANNEL公式Twitterより)

最後はやっぱりカラオケで楽しもうというステージ。

DAMが実施している『学生限定「バンドリ!やろうよ☆オーディション」』に参加している17歳の高校生が登場し、『STAR BEAT〜ホシノコドウ〜』を披露。

緊張しながらも一生懸命に歌う姿に、大塚は「泣きそう」とうっすら涙を浮かべていた。

続いては、芹澤と山北の2人で、i☆Risの『ドリームパレード』を披露。
滅多にない2人だけのステージに、客席は大興奮。

そしてフィナーレ。

全員がステージを降りたあと、1人残った吉田アナは、「アニメファンは楽しむ天才です!本当にありがとうございました!!」と、この日一番の晴れやかな笑顔。

最高にアツい空気の中、イベントは幕を閉じた。

そしてこのイベントとともに「AnimeJapan 2017」が終了。アツい2日間を象徴するフィナーレとなった。

 
「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」のステージイベント・ブースイベントを、当サイト『yoppy』では続々レポート展開。別記事もぜひチェックを! ⇒INDEXはコチラ