ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

「全員がエースです!」阿部敦、代永翼、野島健児、宮野真守に加え新キャスト小野大輔、内田雄馬も登場!『弱虫ペダル NEW GENERATIONスペシャルステージ』 【AnimeJapan 2017レポート】 

2017年3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催の「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」。そのステージイベントやブースイベントなどの情報をレポート。

この記事では、2日目・26日(日)のREDステージで行われた、『弱虫ペダル NEW GENERATIONスペシャルステージ 箱根学園自転車競技部チームプレゼンテーション』の模様をお届けする。

オープニングはライブステージから。

オープニングテーマアーティストの夏代孝明の登場。魂のこもった熱い歌声に、会場全員総立ちで開幕早々大熱狂の盛り上がりを見せた。

続いてステージには、キャストから・・・

阿部敦(泉田塔一郎役)

代永翼(真波山岳役)

野島健児(黒田雪成役)

宮野真守(葦木場拓斗役)

・・・が登壇。MCは、DJの森一丁。
キャスト各々セリフやギャグを交えながら、ところどころ笑いを取りつつ自己紹介を行った。

このイベントは、第3期のキャストをお披露目するイベントということで、まずは前半の振り返りから。
前半を見ていた感想やアフレコ現場の様子について聞かれると、「現場で声優の皆さんの熱さを感じた。」(宮野)「静かな戦いの中でも熱い思いはあります。」(代永)「吉野裕行さんから熱い言葉を掛けてもらいながらやりました。」(野島)「先輩に啖呵を切るシーンがカッコ良かったです。」(阿部)とそれぞれの思い語った。

ここでいよいよ新キャラ情報が。
銅橋正清役を小野大輔が、新開悠人役を内田雄馬が演じることが初めて発表され、シークレットゲストとして2人が登場。
初公開の情報と2人の登場に、会場は声援に包まれた。

2人のキャラクターについて聞かれると、「パッと見イヤなやつだけど、努力を怠らないアツいキャラです。」(小野)「自転車が好きなことを胸に頑張る自信家です。」(内田)と自らの演じるキャラについて回答。
また、今後の物語について、宮野は「負けない気持ちで突き進んでいくだけ。」と気合いに満ちた表情で語った。

最後は、エンディングテーマアーティストの佐伯ユウスケが登場。
それぞれペンライトを光らせながら、会場が1つになる盛り上がりを見せた。

エンディングでは、出演者が勢揃い。

最後は、阿部敦の「全員がエースです!」という熱あふれる言葉と共に、作品でお馴染みのフレーズを用いて、「箱学ファイ!」「アブー!」のコール・アンド・レスポンスで幕を閉じた。

 

「AnimeJapan 2017(アニメジャパン2017)」のステージイベント・ブースイベントを、当サイト『yoppy』では続々レポート展開。別記事もぜひチェックを! ⇒INDEXはコチラ