ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

i☆Ris芹澤優が「いつでも一番私が可愛い!」キャラがブレブレだと告白!!

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、3月22日(水)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記と3月期限定アシスタント・i☆Risの芹澤優とのオープニングトークを書き起こしでお届けします。

吉田:どうも、この世で最も根菜に近いニッポン放送のアナウンサー『ごぼう』こと、吉田尚記です。

芹澤:どうも、いつでも可愛い芹澤優です!はい!よろしくお願いしまーす!

吉田:アイドルとしては、かなり原始的な挨拶をされました芹澤さん笑。

芹澤:だってよっぴーさんが入れて来たから・・・でも私は可愛い推しなんで笑。

吉田:そうですね芹澤さん。今日もなんて言うんでしょうね?Vネックがよくお似合いの・・・

芹澤:そう、ピンクのカーディガン着てます!

吉田:ちょっと春っぽくなってきましたね。

芹澤:そう!あったかくなってきてねー!アイドルらしい感じで、可愛いかなぁ?

吉田:まあアイドル私服と言われて、ストレートにアイドルの私服だなと。その萌え袖、そしてこのネイルね。

芹澤:爪もね、ちゃんとやってますよ私は。気使ってますからメンバーの中でも。

吉田:そんな芹澤さんなんですけど、今日、なんで僕があんな自己紹介から入ったかと言うと、RN:ともりさんて人がTwitter上に#mc1242をつけて書いてくれたんですよ。ハッキリ言いましょう。僕はですね、アイドルが好きです!

芹澤:(拍手)嬉しい!結果私も好きみたいなことですからね!

吉田:そう芹澤さんはi☆Risというグループで・・・

芹澤:そうなんです!

吉田:i☆Risというのはどういうグループですか?

芹澤:i☆Risというのはですね、声優とアイドルを全力でやろうというコンセプトでもう5年目になるグループでしてね、昨年武道館で公演やらせていただいて、楽しい6人組のアイドルユニットです!

吉田:これ結構嘘じゃないんですよね?

芹澤:そうなんですよ!どっちもやってて。

吉田:声優さんのユニットとか言うと、アイドル的な活動をしていてもなんだかんだで年間ライブやっても二本ですとか、そうなるわけですよ。声優さんとしてのお仕事もあるから。

芹澤:そうですね。

吉田:だけどi☆Risはちゃんとツアーとかもやるし・・・

芹澤:やってますやってます!リリイベもやるし、握手もチェキ会もやります笑。

吉田:そうね、握手会とかチェキ会とか声優さんとかだったらやらなかったんですよ。むしろ普通のアイドルは声優さんはやらないわけですよ。アフレコスタジオに行って、アニメの声あてたりしないわけじゃないですか?

芹澤:あんまりないですよね。

吉田:なので、声優さんの、僕ら木曜日明日もね、声優さん来てもらう予定があったりとか、大好きな僕らからすると、確かに出演が一番多くなるタイプのアイドルではありますよね。

芹澤:いや~~、ありがとうございます~~。てへっ。

吉田:それで自己紹介を、今日はリスナーの人に色々送ってもらったわけですよ。「好きな自己紹介はなんですか?」みたいなやつ。例えばRN:イバジジさん「先週来てくれてましたけど、エビ中の真山りかさんは『上から読んでもまやまー!下から読んでもまやまー!エビ中のハイテンションガール!出席番号3番真山りかです!』」みたいな。

芹澤:はーいはいはい!まあ覚えやすいしキャッチーだし良いですね。

吉田:他にも先週もう一人いた夢みるアドレセンスの荻野可鈴ちゃんは、グループとしての自己紹介ですけど「可愛いだけじゃダメなんですか?」って挑発的な事言ってるわけですよ。

芹澤:あー!まあ夢アド可愛いですからね本当に。

吉田:昨日ただ一緒にニコ生やってたんですけど、他の志田友美っていう方と京佳ちゃんってアイドルと、そしたら最近まあ色々あったグループなんですよ笑。

芹澤:そうですね笑。

吉田:そしたらあの、「可愛いだけじゃダメでした」って最近言ってるっていう笑。自己紹介好きだなって僕個人的には思っているんですが笑。

芹澤:まあ悪くはないですね。

吉田:こういうのなんでやってるかというと、今日ですね、アイドルに対する最強のアンチテーゼがやって来るんですよ!!

芹澤:アンチテーゼ笑。

吉田:今日、シンガーソングライターのあの人がゲストなんですよね?

芹澤:はい!というわけで今夜はシンガーソングライターの大森靖子さんがスタジオ生出演!という事ですね!

吉田:で、今日は当然テーマが「アイドル」なんですよ。今回出したニューアルバムの中にも、思いっきりアイドルの自己紹介とかが曲になってるんですよ。

芹澤:あー!さっき私も聴きました!すっごかったですね、てんこ盛りでした!!

吉田:だから本当にいろんな批評性の高い、でも超すごいよこのアルバム!本当にすごいと思った!

芹澤:へ~!すごい聴きますもっと・・・。

吉田:それがせっかく芹澤優みたいなアイドルがいる現場に今日来てくれるわけじゃないですか?

芹澤:ありがとうございます。でもでもちょっと・・・アイドル好きなんですもんね?

吉田:大森さんはそう!

芹澤:私もアイドルだし、好きになってほしいですよね。

吉田:そうね。まあ仕事上アイドルは好きになって貰うことが仕事だったり、ある意味しますもんね。

芹澤:はい!

吉田:だけどあれですよね?芹澤さんは割と今自分がアイドルとしてどう生きるかに大きな意味で悩んでるんですよね?

芹澤:そうですね笑。いやまあ本当にぶっちゃけそうなんですよ!いや本当になんかね?「いつでも一番私が可愛い!」みたいなテンションでやって来たんですけど・・。やっぱ4年もするといろんな可愛い子にも出会いますし、なんかぶっちゃけそんな・・色々わかっちゃうじゃないですか!

吉田:はっはっはっはっ笑!

芹澤:だからよっぴーさんがミュ~コミに来ると絶対「この子はこういう子です」っていう紹介で、「一番可愛いので誰ですか?」って聞くじゃないですか?自分で「芹澤優です!」って答えたあとに「うーん・・」って気持ちになるんですよ笑!

吉田:そういう時期の芹澤優が大森靖子に会うのが、もう俺アイドルとかそういうの見続けてる人間として面白くてしょうがなくて今日笑!

芹澤:ぶっちゃけキャラもブレブレなんで・・。絶対多分しょうもないってなって終わる気がする・・・。

吉田:今日ね、この二人の激突はハブ対マングースみたいな・・・。

芹澤:仲良くしたい・・、うぇ~。

吉田:仲良くなると思うよ!ある意味ハブとマングースも仲良しだと思いますよ!

芹澤:たし・・・かに・・・。

吉田:なんか今日はすごい楽しみです!!

この日の番組をradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。