ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
雑談ですが・・・

気になるあの人に話が聞きたい!じゃあ、早速行ってみよう!「yoppy編集部です!あの、これ雑談なんですが・・・・」

今注目のアーティスト 栞菜智世と語る 「同世代の社会人に思いを馳せる」

今年3月に映画『僕だけがいない街』の主題歌「Hear ~信じあえた証~」でメジャーデビューした栞菜智世。2ndシングル「Blue Star」が8月24日にリリースされ、MVにはおのののかさんも出演し、現代を生きる女性の苦悩と葛藤を、持ち前の歌唱力で歌いあげている。

今回、吉田尚記とのインタビューで切なさの裏に見えたその素顔とは!?

kan_5

【 栞菜智世 × 吉田尚記 ④ 】

吉田:今回の栞菜智世さんの新曲を聴いて、2曲とも「濃い曲だな」って思ったんですよね。あと、「これから売れるか、生き残っていけるか」というの関係なく、歌いたいから歌ってるように感じる。

栞菜:どうなんですかね?不安しかないですけど…私けっこうネガティブに考えちゃうんですよ。だからそう思ってくれたのは、バレてないだけなんだと思います。よく本当は緊張してるのに、周りから「すごい堂々としてるね、全然緊張してないね」って言われたりするんです。リリース日も「やった!発売だ!」っていうよりかは「あー大丈夫かな、発売されてしまった…」という気持ちになります。

吉田:結果が出ちゃうもんね。

栞菜:今回は1枚目が出た時とはまた違う心境で。2枚目になると「初の」とか「メジャーデビュー」とかいう響きがなくなるじゃないですか。だから一層自覚をもってやらないとダメだって常日頃言い聞かせてるので…。この話してるとどんどんネガティブになりますよ。家で体育座りタイプですね(笑)

吉田:そうかな?その話聞いてもあまりネガティブだと思わないけど。

栞菜:ネガティブだから一人焼肉とか行っちゃうんだと思います。

吉田:一人で行けちゃうってことでしょ?

栞菜:一人で行くのが好きなんです。

吉田:好きなんだ!?そういうこと1人でできない人もいるじゃない。

栞菜:周りにはトイレに1人で行けない子もいましたよ。でも誘われた時に「え?」って思っちゃうんですよね。だから「1人で行って」って言いました(笑)。

吉田:トイレに一人で行けないと、路上ライブだって1人でできないもんね(笑)

栞菜:路上ライブって、全く知らない人たちの中で、誰が止まってくれるのか全く分からない状態なので。1人でマイクを持って歌うのが、すごくメンタルトレーニングといいますか根性がつきました。やっている時は、誰も止まってくれない日もあったので「やりたくないな」という気持ちもあったんですけど、この前初ライブを終えた時に、路上ライブのおかげで堂々とできていることに気付きました。

吉田:曲が出ることに対しては不安な気持ちがあるということだけど、曲そのものについてはどう思ってる?

栞菜:とても強く共感しています。1枚目の時も共感できる部分を見つけていたんですけど、今回の「Blue Star」に関しては全てが共感できる歌詞ばっかりです。今の女の人って、外見はとても明るくて「私へこたれませんよ!」ってやってる人が多いと思うんですけど、そういう人に限って悩みを抱えていたり、ネガティブ思考だったり、抱えすぎて爆発したりしてしまう人が多いような気がしていて。

私の周りの23歳の同い年の子たちは、社会に出て1年たって、最初に思い描いてた部署と違うところに配属されたりして「なんでこんな会社に入っちゃったんだろう」って思っている時期だと思うんです。その気持ちが分かりやすく歌詞に表れていたので。

私もいち社会人として、自分が成長できたと思っていても、周りの大人に指摘されることって間違ってることが無いんですよね。まだまだ自分の未熟さに気づかされることがまだまだあります。でもそこで負けず嫌いで立ち向かっていく強い女性がこの歌詞の主人公なんだと思います。

弱くて芯のない子だったら辞めてると思うんですけど、私の周りにはそういう子は1人もいなくて。毎日会社に通ってる。そういうちょっとした前向きさがこの「Blue Star」に入ってるのでビックリするくらい共感しています。

kan_7

吉田:何か課題があるとしっかり向き合わないと気が済まなくて、遊んで気分転換とかできないタイプ?

栞菜:そうかもしれません。友達の誘いとかけっこう断るタイプです。友達と遊ぶのは楽しいし、その時間は忘れられるかもしれないんですけど、家に帰った時にさらに倍増するじゃないですか。逃げてた分が返ってくるって分かってるから、だから引き籠るんですよ。

吉田:いい意味で遊んでないね。歌を楽しく遊んで楽しく作るタイプの人もいるけど、どこかスポーツ的に取り組んでるんだね。

栞菜:自分の人生設計とかはないんですけど、目の前の色んなことを試しながら自分の表現を定着させることを目標にしています。

吉田:今日は楽しかったです。ありがとう。

栞菜:ありがとうございました。

【栞菜智世プロフィール】

1994.1.14生まれ(22歳)/福島県出身

2016年3月16日、映画『僕だけがいない街』主題歌「Hear 〜信じあえた証〜」にてメジャーデビュー。

2016年8月24日、2ndシングル「Blue Star」を発売。

栞菜智世オフィシャルHP http://kannachise.com/