ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

注目の”闇金ウシジマくん”シリーズをイッキ見できる!!

映像配信サービス「dTV」は、7月より放送開始のドラマ「闇金ウシジマくん Season3」を放送から4日後の7月21日(木)から見逃し配信する。さらに、この配信を記念した「闇金ウシジマくん」のドラマシリーズ及び劇場版の全4作品も本日から配信する。

ushijimaS3_main

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

dTVでは、最新ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」の放送と、映画『闇金ウシジマくん Part3』&映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』の連続公開を控え、注目を集める最後の”ウシジマイヤー”をさらに盛り上げるべく、最新ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」を放送からわずか4日後より見逃し配信する。

本作は、”原作史上最も危険”との呼び声が高いエピソード「洗脳くん編」を中心にシリーズならではの過激エピソードを映像化したもので、主演・山田孝之をはじめ、光宗薫や中村倫也ら若手実力派俳優陣が出演する注目作。

shindo

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

最新ドラマの見逃し配信に加えて、ドラマ第1話を放送に先駆けて先行配信することも決定。抽選で当選したdTV会員1,000名が視聴可能で、配信時間は7月16日(土)から17日(日)までの48時間。dTVなら、どこよりも早く「闇金ウシジマくん Season3」第1話を好きなデバイスで、いつでもどこでも楽しめる。

ushijima

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

最新ドラマの配信を記念して、大人気コンテンツながら配信を一時休止していた「闇金ウシジマくん」過去シリーズ作品も本日より配信。配信するのは、ドラマ「闇金ウシジマくん Season1」「闇金ウシジマくん Season2」に加えて、劇場版『闇金ウシジマくん Part1』『闇金ウシジマくん Part2』の全4作。他にも、dTVだけでしか見られない、dTVオリジナルドラマ「闇金ウシジマくん」やコマ割りしたマンガに効果音やセリフを加えたマンガ「闇金ウシジマくん」も配信中で、最後の ”ウシジマイヤー”をより一層盛り上げる。

mayumi

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

【ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」見逃し配信概要】
配信タイトル:ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」
配信開始日:2016年7月21日(木)00:00~ ※以降毎週木曜に最新話を配信
公式サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005030

【ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」作品概要】
タイトル:ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」
キャスト:山田孝之・綾野剛・光宗薫・中村倫也・佐々木心音・本多力・久松郁実・小瀬田麻由・今野鮎莉・佐々木麻衣・卯水咲流・希崎ジェシカ・倖田李梨・ムートン伊藤・マキタスポーツ・高橋メアリージュン・崎本大海・やべきょうすけ
原作:真鍋昌平『闇金ウシジマくん』(小学館「週刊ビッグコミックススピリッツ」連載中)
企画・プロデュース:山口雅俊
放送:MBS・TBSほかにて、7月深夜放送スタート
脚本:福間正浩
演出:山口雅俊・川村泰祐
制作:「闇金ウシジマくん」製作委員会・MBS
主題歌:『巣立ち』鴉(からす)
コピーライト:(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS
イントロダクション:“原作史上最も危険”と呼び声の高いエピソード「洗脳くん編」を極限で実写化!金に困り”後がない”客たちに金を貸し、「10日で5割(トゴ)」という法外な金利をむしり取る闇金カウカウファイナンス。 社長・ウシジマ役の山田孝之を筆頭に、ウシジマの盟友で情報屋の戌亥役に綾野剛、ウシジマの右腕・柄崎役にやべきょうすけと、おなじみのメンバーが復活。さらに、女性向け雑誌編集部で働く上原まゆみ役に光宗薫、まゆみをマインドコントロールし、まゆみとその家族を崩壊に導く謎の男・神堂役に中村倫也、ほかにもバラエティに富んだキャスト陣が総出演!崖っぷちの人間たちが織り成す、ウシジマ史上最大で最高のエンターテインメントに、日本中が”ヒリヒリ” ”ゾクゾク”すること間違いなし!
ストーリー:雑誌社に勤める上原まゆみ(光宗薫)は、優柔不断で結婚する気もお金も無さそうな彼氏に失望し、いつしか心の拠りどころは占いだけになっていた。ある日、神堂(中村倫也)と名乗る不思議な男と偶然出会った彼女は、心酔する占い師から「運命の出会い」だと言われ、なんとなくその気に。しかし、彼女の人生が動きはじめたその果てには、ウシジマとの皮肉な巡り合わせが待っていた。