ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

みんなはラジオどうやって聴いてる?

吉田尚記がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組「ミュ~コミ+プラス」。
24時からのラジオ生放送を目前に控えた22時からは「twitter上でのテキスト生放送」を実施している。

毎回テーマを変えて、twitter上で会話していくスタイルで、中の人は吉田尚記が務めている。
昨晩のテキスト生放送では、「ラジオが家のどこにおいてあるかの写真を送って!」と、リスナーがどういったシーンでラジオに触れているかに迫った。

mc_1242_01

机の上だったり、枕元だったり、それぞれの場所で楽しまれている「ラジオ」。
パソコン・スマホが受信機となる「radiko」で聴いているという人も多い中、今なお現役で活躍中の名機で聴いているリスナーも。

mc_1

自宅にある、父が使用しているラジオを報告してくれるリスナーも現れ、タイムラインは大賑わい。

mc_6

中には、中学生時代に自作したラジオで聴いているリスナーもいる。

mc_4

目には見えない‘電波’を、それぞれの場所で、それぞれの受信機で、受け取りあう。
「わたし」と「あなた」の関係性で成り立つ「ラジオ」ならではの風景だなぁと感じさせてくれた。

ラジオの愛され方を感じた昨晩の「テキスト生放送」は、ミュ~コミ+プラスのハッシュタグ#mc1242や、本サイトのハッシュタグ #yoppyに加え、吉田がとっさに思いついた#ラジオのある風景 というハッシュタグをつけてつぶやいてもらった。

それぞれのハッシュタグのページを見たり、「ミュ~コミ+プラス」の公式アカウント「@mc1242」がいいね!したページ → https://twitter.com/mc1242/likes を見ていただくと、みんなのラジオ熱の一部を垣間見ることが出来る。

是非、ご覧になってみてはいかがだろうか。