ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
吉田ルーム

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

声優・豊崎愛生が生告白!!「B’zのことについてなら一生話せます!!」

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、5月25日(木)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記とゲストの豊崎愛生とのトークを書き起こしでお届けします。

mucom_0525_1

吉田:どうもニッポン放送のさまよえる蒼い弾丸、吉田尚記でございます。なんかB’zが『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』出るんでしょ今年?そんな話になりまして、毎年毎年茨城県ひたちなか市でやってる夏フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』の第三弾アーティストが今日発表されて「B’zが出る」そうで、結構な事件じゃないですか?

さらにポルノグラフィティも出る。本当に日本最大のフェスすげーなみたいな。であと、ももいろクローバーZが出る、アンジュルムも出る!! ハロー!プロジェクトからアンジュルム行くんだ!みたいな。確かに°C-uteがそれまでの間に解散をしてしまうから、これまでこういうの°C-uteが担当だったから、これからはアンジュルムになるんだ・・・みたいな!!

そして一番驚きだったのが、今日ミュ~コミ木曜日は声優さんが出てくれる日じゃないですか。なのでアニメファンの方とか聴いてくれている方多いと思うんですけど、なんとワルキューレが初登場ですって!!

吉田:わかります?マクロスシリーズの一番新しい作品に声優さんたちも参加している作品があって、まあ大人気はあ大人気なんですが、間違いなくアリーナクラスが、もうあっという間にチケット売り切れる人達なんですけど、声優さんたちの歌ってるユニットがROCK IN JAPAN FESTIVAL出るのは・・・初めてかな?

ワルキューレがROCK IN JAPAN FESTIVALに・・・って言ってどうなるんだろうってのが本当に不思議に楽しみでありますが・・。

俺が知っている声優さんの中で(ワルキューレの)安野希世乃ちゃんとか僕が知る中で一番のんびりした人なんですね笑。ああいう人が(ROCK IN JAPANに出て)どうなるのか全然想像出来ない・・・ということに驚いております・・・。

さて、今夜ゲストにお迎えするのはロック好きな声優、豊崎愛生さんです。アニメ紅白に出演くださったスフィア(sphere)のメンバーでもあります。来週水曜にニューシングルをリリースするということでお越しいただきました。ウルトラソウルっ!!

豊崎:ウルトラソウルっ!豊崎愛生です笑。

吉田:どうも稲葉さんお疲れ様です笑。

豊崎:いやちょっと楽しそうだなと思って吉田さんが笑。

吉田:(CV:豊崎愛生)で・・。僕、稲葉さんと本当に番組やったことありますから。

豊崎:あー!もう本当にごめんなさい!

吉田:全然全然!笑、ほぼ変わらないですよ!

豊崎:よろしくお願いします~笑。

吉田:豊崎さんこれRN:しまふくろうさんが「今日は生放送終わった後だから肩は出来上がっているはず、あとはどんな球を放ってくるかだ!」みたいなことを言っていましたけど・・。

豊崎:そうですよストレートで頑張ります!ド直球で!

吉田:今日一番初めに放って来てくれたのはね「ミエナイチカラ」を放ってくるところ笑。

豊崎:はははは笑。圧をね!

吉田:ごめんなさいすいません最近うちの番組B’zブームなんですよ。

豊崎:そうなんですね!B’zさんの話、一生出来ますよ私!

吉田:え、そうなの?そんなに好きなの!?

豊崎:もう(ベストアルバムの)「Treasure」「Pleasure」は宝物にして、保存用と観賞用で2つ、計4枚人だったんで私は笑。

吉田:音楽好きって言ってもいろんなジャンルの人いるじゃないですか?もう本当フルジャンル好きなのね豊崎さん!

豊崎:あ~!B’zさんはライブに行った時に『恋心(KOI-GOKORO)』っていう歌で、ライブだけでやる振り付けがあるんですよ・・・踊るんですよ稲葉さんが!ふふふ、何の話してるんだろうわたし笑。

吉田:B’zの話!笑。声優・豊崎愛生がB’zを語る番組ですよ。

豊崎:もう本当一生話せます~!

吉田:でも見た感じ、まあ今も何て言うんだろう、お姉さんルックというか・・。

豊崎:本当ですか~?大人になりましたもう~!

mucom_0525_2

吉田:今日も本当に隣のオフィスビルから・・・有楽町にニッポン放送ありますけど、総合職OLの方が出て来たみたいな感じもちょっとあるんですよ。

豊崎:うれし!うれし~!丸の内感出てます!?

吉田:丸の内感出てます!っていうか有能感が出てる!

豊崎:ほんとですか!?

吉田:ええ。

豊崎:うひ~笑!出来る女感!

吉田:その中で、出来る女感で「あの人なんか難しいタイプの音楽ばっか聴いてるんだろうな」って思ったら「私B’zも好き!」みたいな。

豊崎:あの、そう昨日ね、ウーハーが入っためっちゃ振動するヘッドホンの新しいのが出たっつって、昨日ちょっと買っちゃって笑。

吉田:ええ!?

豊崎:もう昨日の夜中から今朝にかけて、爆音でいろんなライブ盤を聴きまくるっていう遊びをしてて笑。軽くね、ぼんやりしてる笑、今朝は・・・。

吉田:へぇー!

豊崎:そうなんですよ、そんな感じです。実は中身は。

吉田:ってことは自分の音楽をやる時に「私も『太陽のKomachi Angel』みたいなの歌いたいんです!」みたいなことがあってもおかしくなさそうなのに・・笑。

豊崎:いやでも本当にその願望はあるんですけど!笑

吉田:聴いてみたい!笑

豊崎:「エンジェール!」って一緒に言いたいぐらいの気持ちはあるんですけど、でもやっぱこの声なんで・・・。

吉田:うんまあホワッとした声というか・・。

豊崎:ちょっとね、合う合わないっていうのは・・・理想と現実っていう・・・うふふふふ笑。

吉田:そんな声質の豊崎さんですが、いま芸幅が日本で一番広い女性声優のひとりじゃないかと思うんです。

豊崎:やだ!そんなこと言ってくれるんですか!? それも吉田さんが・・・嬉しい!!

吉田:まず「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」の軍服の姫君という役をやってるんですが、これすげ~難しいセリフを意味深にずっと言うタイプの「ラスボス」・・・かどうかはこの先の展開を見ないとわかりませんが・・・。

豊崎:ラスボスっぽい役です・・・。

吉田:その役を1話で見たとき、一瞬これは誰だ!?ってわからなかったんです。全然いつもの声と違いますよね?

豊崎:まあ、ちょっと低めのところから出してはいますが・・・キャラクター的に。

吉田:そういうのをやっている一方で「シドニアの騎士」では、正確には少年ではないんですが、ほぼほぼ少年のような声(科戸瀬イザナ役)をやったりと、何でも出来るんだなと・・・。

豊崎:いやいやいや、滅相もない・・・。でもそれが声優さんの醍醐味というか、リアルな世界でラスボスになることってたぶんないわけで・・・人生で・・・

吉田:人生で世界を征服しようと思うことはまずないですよね笑・・・。

豊崎:ほかにも妖精になったり動物になったりすることができる、さらには魔性の女にもなってみたり笑・・・人の人生を辿って演じることができる・・・しかも同じ期間にたくさんの数をやらせていただけるというのが、声優ならではだなと思って、どんどん楽しくなっていってます・・・。

吉田:さあこのあとは、そんな豊崎さんと4年たっても変わらない変態音響監督のコーナー・・・

この日の番組をradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。

タイムフリーミュ~コミ+プラス | ニッポン放送
05月25日(木)24:00-24:58