ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
雑談ですが・・・

気になるあの人に話が聞きたい!じゃあ、早速行ってみよう!「yoppy編集部です!あの、これ雑談なんですが・・・・」

「いまどきのスマート大学生に聞く:大学に行くこと、そして就職すること・・・」(全2回連載) 前編

■これからの大学は「おれが育てた人工知能はこれからの人生で月いくら稼げるか」を学びに行くところ!?

厳しい経済状況や少子化で、大学進学、そして就職という流れに変化が起きています。ひとつは地元大学への進学に変えて経済的に無理のない生活の確保。その先には地元での就職も視野に入れているケース。それに対して首都圏の私大は独自の奨学金などを用意して地方学生の取り込みに躍起。早稲田大学では「めざせ!都の西北奨学金」を拡充し、年40万円支給だったところ、17年度から春学期分授業料(約60万~80万円)を免除すると打ち出し2割増の応募があったそうです。

今や2人に1人が大学に進学する時代。日本の学生にとって大学は特別な場所ではないものの、さまざまな環境の変化によって「何のために大学に進学するのか」「果たして就職に有利にになるのか」と言った疑問を持ったまま時間ばかりどんどん過ぎていっているのではないでしょうか。

yoshida_tehuyakura1

ここに2人の特別な大学生がいます。ある意味同年代の先端を行っている2人の天才大学生。彼らから現在送っている大学生活を聞き出せば、そんな状況に対する答えが出てくるのではないか? そんなところから今回はアナウンサー・吉田尚記が最高レベルの大学生の本音に迫るインタビューを敢行!!(対談は2月21日にニッポン放送の会議室にて行われました)

今回を含めて2回に渡って連載してまいります。この春から大学に進学される方、そして今後大学から就職されていくかた必読!!

Tehu(てふ)プロフィール
デジタルクリエイター・慶應義塾大学SFC環境情報学部 2年 1995年、兵庫県生まれ。
2009年に開発・公開したiPhoneアプリのヒットをきっかけに、活動をスタート。現在、株式会社TEAMBOX取締役CCO、株式会社講談社「現代ビジネス」CTOなどを務めながら、企業や著名人とのコラボレーションで、裏方として多くのWebサイト・映像・広告・ライブのプロデュースを手がけている。

yoshida_tehuyakura4

矢倉大夢(やくらひろむ)プロフィール
筑波大学 情報学群 情報科学類 2年 20歳。大阪生まれ。
中学1年の時にふとパソコン部に入部したことをきっかけにプログラミングを始める。その後、プログラミングの全能感に勉学を忘れてのめり込み、Linuxカーネルといった低レイヤーからセキュリティ、Web開発まで幅広く学ぶ。中学3年で国家資格「情報セキュリティスペシャリスト」に最年少合格。また、情報処理推進機構の未踏IT人材発掘・育成プロジェクトに最年少で採択。ほか多数の国内外コンテストで受賞。現在、株式会社TEAMBOXでCTOも務めている。

yoshida_tehuyakura5

■■起業してますが、働いているという意識はないです・・・

吉田:今日はわざわざ乃木坂46のライブコンサートを抜け出してもらって(笑)話す時間を作ってくれてありがとうございます。まず2人に聞きたい。2人は就職する必要がありますか? 2人ともすでに起業もしていますよね。

Tehu:僕らはする必要はないと思いますが、一般的な大学生が就職をする必要があるかということでしょうか?

吉田:そうだね、大学生は就職すべきか!? というか最近ことわざとか概念とか、人がどうものごとを捉えているのか(きたのか)についてとても興味があって、「概念」ってなんだろうと思ったとき、まさに「ことわざ」なんですよ。「格言」とかもある。

そんな中で罪深いと思った「概念」は「甘いものは別腹」!!これを考えた人はすごい罪深い人だと思ったんです笑。こういう言葉になると「甘いものは別腹」「うん、そうだね」って安易に合意してしまう。

「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系で放送された新垣結衣・星野源主演の人気ドラマ)も実はハンガリーのことわざから来ているんですが、ハンガリーの人はみんな合意してるんでしょうね、日本人にはよくわかんないですけど笑。だからそれぞれの国のことわざがとっても興味ある・・・。

さっきの「甘いものは別腹」について考えると、指摘したのは良いが、だから食べるのか、だから食べないのか、そんな価値判断がそこにあってしかるべきだと思ったんです。どちらかというと食べていい方に振れている・・・。でもそれっておかしいんじゃないのって笑・・・思うんです。

前置きはそれくらいで、言いたいことは「働かざるもの食うべからず」こういう概念があると思うんですが、これを「YES」ですか「NO」ですかと聞くと、多くの人は「YES」と答えると思うんです。でも本当にそうなのか?って僕が20年働いて思うこと・・・。

Tehu:起業はしていますが、働いているという意識はなく、やりたいことをやってるだけなので、とにかく恵まれているとは思いますが、働いている意識がないから、就職するのかと聞かれると(大学の先は)「就職」だけではないと思います。この話はたぶん「ベーシックインカム」の話題にもつながっていくと思いますが・・・。

吉田:ベーシックインカムという概念もわからなくないなと思っていて、なんで「二通貨制度」みたいなことを考えないのかなと思うんです。ギャンブルできるお金と赤ん坊のミルクを買うお金は違うものじゃないですか。なのに同じ通貨にする理由があるのかとか考えますね。

たとえばいまからベーシックインカムにあたることには全部ビットコインを充ててみようとかあってもいいんじゃないかと思う。人間の生活に最低限必要なものはお互い共有してその中でやりくりする。今日はおむつの量は減らすけどその分水を買うとかコメを買うとか、ビットコインでできるようにするとかでもいいんじゃないかと・・・。そうなったら働かなくても良くなる・・・。

それを担保するために、金融で何十億も儲けている人たちから、あんたらの儲けの一部はベーシックインカムに使うよということにすればいい。実際使いきれないわけだし・・・。そもそもベーシックインカムという考え方に賛成かというと、僕は賛成です、働かなくても食っていいと思う。2人はどうですか?

Tehu:思います。

矢倉:僕も思います。

yoshida_tehuyakura3

■一人にひとつの人工知能ペットを育てればいいんじゃないのかな・・・

吉田:ただ日本国憲法には恐ろしいことに「勤労の義務」があります。

矢倉:あれも変な話ですよね。「勤労の義務」があるということ自体・・・。

吉田:「勤労の義務」ってどの国でもあるのかっていうと、インカ帝国の時代はやっちゃいけないことの幾つかの中に「殺すな」「盗むな」と「サボるな」というのがあったんだそうです。

Tehu&矢倉:アハハハハ・・・

吉田:仕事をサボると、座れないくらい狭い石の部屋に入れられて建物の口からムカデを入れられたりしたんだそうです。いやでしょう笑!!

Tehu&矢倉:アハハハハ・・・

吉田:そんなことになるくらいだったら朝起きてすぐに働くよね。そんなことから考えると「勤労」については各国なにかあるんだなとは思います。サボり始めると人間は極限までサボってしまうから・・・。どうやらこれは歴史上証明されているのかもしれない。

ベーシックインカムはある意味「サボる」ことなんだけど、サボっても一部の人の勤労意欲だけで世の中が回っていくくらいにまでなってきているってことですよね、どう思いますか?

矢倉:省力化しないためにベーシックインカムが取り入れられないみたいに思われてて、ベーシックインカムがなくて市場を回すためにみんな頑張って省力化せずにみんなせっせと働かされているのではないかとも思えますね。

吉田:特に日本はそうかもしれないですね。ヨーロッパの人はどんどん働かなくなってきている。お店が夕方4時でしまっちゃうとか・・・。でもそれで困るかといえばそうでもない・・・。

Tehu:なんか、なんでベーシックインカムに反対する人が多いのかって思ったとき、本当に働かなくてももらえる雰囲気が出てくればいいと思っていて、例えば将来的に、それぞれの人が人工知能のペットを飼えるようになったとするじゃないですか。一人にひとつの人工知能ペット。それを学生時代の20年くらいかけて人工知能を育てて、20歳になったらそのペットに仕事に行かせて、その収入を得るっていうのでも同じじゃないかと思ったんです。

こうすれば「働かざるは食うべからず」に抵触しているとは思わなくなる・・・。おれが育てた人工知能は月いくら稼げるか!?

吉田:さらにはその人工知能が新たな人工知能を組み立てられるように育ててやれば自分で繁殖を始めるのかも笑・・・。

Tehu:でも結局格差は出てしまいますね笑・・・。

吉田:改めて「働かざるもの食うべからずは本当か」を考えるのと同じように「人間誰しもやりたいことがあるはずだは本当か」ということが言える。どっかで妥協しなきゃいけないんだとすると、後者のほうが妥協価値は高いと思うんです。やりたいことなんかなくても、飽きずに続けられることのほうが重要かもしれません。(続く)

さてこの続きはどんな話の展開になるんでしょう・・・次回もお楽しみに!!

Tehu
http://tehu.me/
矢倉大夢
http://yumetaro.info/index.ja.xhtml