ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
吉田ルーム

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

「世界一受けてみたかった授業」2時限目は、教職免許を持つ嗣永桃子先生!しかし「回避してました…」という実技とは!?

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、2月21日(火)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記と火曜アシスタント田所あずさに加えてのゲストトークを書き起こしでお届けします!

mucom_0221_00

吉田:小学校の頃ってもう30年も前のことなんですね、小学校の頃に好きだった給食は「イワシのベーコン巻き」でした。ニッポン放送アナウンサー吉田尚記と、

田所:中学校のころ好きだった給食は「米パン」。声優の田所あずさがお送りしている・・・

吉田&田所:ミュ~コミ+プラス!!

吉田:最近「米パン」出るんだってね・・・

田所:米パン大好きでした、モチモチしていて・・・。

吉田:米ではないんですか?

田所:米粉で出来たパンです。

吉田:わかってます笑、お米(ごはん)じゃなくてパンなんですね?

田所:そうです、パンが好きなんで・・・

吉田:じゃあ、なんで米パンなの笑?

田所:米も好きなんで笑・・・

吉田:両方のいいところを取った・・・

田所:夢のパン、私の夢が詰まったパンです!!

吉田:という2人でいつもどおりお送りしていますが笑、今日は生放送のスタジオにこの方が来てくださっています!!

嗣永:小学校の頃好きだった給食は「揚げパン」!!嗣永桃子です!!

吉田:素晴らしい〜〜!! 意外にこう言っちゃなんですが、嗣永さんって、ハロープロジェクトの、それこそトークのあるイベントだと、面白いことを言う人っていうイメージが強いですが・・・

嗣永:ホントですか!?

吉田:ちょっと待って、なんでびっくりするんですか!?

嗣永:あ〜〜続けて下さい。

吉田:笑笑笑、なんか、揚げパンって、一度は誰もが考えそうな普通の答えだったんで笑、逆に驚きました笑・・・。

嗣永:いろいろ考えたんですけど、やっぱり素直な気持ちを言ったほうが良いかなと思って笑・・・。

吉田:中堅芸人ですね笑

田所:ハハハハハ・・・さすが!!

嗣永:ここで笑いを誘うのも何だな・・・って思って笑・・・

田所:さすがっ!!

吉田:ウァッハッハッハッハッ笑!!!

嗣永:今日は私、先生としてきているんで・・・。

吉田:そうでしたね笑・・・。今日みんなの最大の興味は、嗣永さんが先生の免許を取ったというニュースはなんか見たことがあるんですが・・・

嗣永:そうですね、何回かお話させていただいたことがあります。

吉田:でもこれをつぶさに聞いたことがなかったので・・・まず、なろうと思ったのって、もはや嗣永さんが小学生の時からアイドルじゃないですか・・・

嗣永:そうです。

吉田:小学生の時点でアイドルだと、あんまり学校行けなかったんじゃないかと・・・。

嗣永:だからこそ学校が好きで、お仕事と学校を両立してなきゃやってられないぐらいな感じだったんです。

吉田:なるほど、仕事をバリバリやる社長が「仕事も遊びも全力投球!!」みたいな・・・

嗣永:ホントそういう感じで、学校で大変だったことを仕事で発散して、お仕事で大変だったことを学校で発散してみたいな・・・両方やることによって相乗効果が生まれたってこういうことなんだっていうくらい、両方好きだった・・・

田所:スゴイなぁ〜〜。

吉田:バブル時代の社長の話聞いているみたいですね笑・・・

嗣永:アハハハ・・・。だから学校はできれば長いこと行きたいなと思って、大学も進学を決めたんですけど・・・。

吉田:あっ、そうか。中学も高校も通い、なおかつ大学も・・・そうですね、アイドルで大学行かない方も少なくないですし・・・。

嗣永:はい・・・そうですね、でも行きたいと思って・・・

吉田:本当に学校が好きだったんですね・・・

嗣永:好きでしたね・・・

吉田:学校が好きで、じゃあいろんなかかわりかたがるけれど、そこで先生になろうと思ったのは漠然となのか、小学校時代からだったのか?

嗣永:先生になろうというか、子供が好きだから子供に関することを学びたいと思い、教育学部に入り、同じ授業料払うんだったら資格を取ったほうがいいね・・・みたいな笑・・・。倹約家なので笑・・・。

吉田:ちょちょちょ、良い言葉で言えばそうなんですけど、いろいろとハロプロ好きな人は「意外とももちケチ!」みたいなツイートが来ています笑。

嗣永:ケチじゃなくて倹約家!!!

吉田:経済観念の問題・・・

嗣永:良いお母さんになりたいんですよね。

吉田:これは確かに親御さんからすれば、涙の出るような話ですよ。働いてる娘がそこまでやって将来の事考えているってこと・・・

嗣永:でも周りの同級生もほとんどが資格取りますから・・・

吉田:なるほど教育学部としてはね・・・

嗣永:だからそれが当たり前って言えば当たり前で、でもそれプラス幼稚園の免許も取ったっていうのは結構自分の中でも自信に繋がったというか、私プラスアルファできちゃうんだみたいな・・・超人だな!!みたいな・・・。

吉田:普通に横浜アリーナとかさいたまスーパーアリーナで歌ったことあったほうがよっぽど自信につながるはずなんですよ、普通は!! 教員免許持ってる人に比べると、アリーナクラスのコンサートやった人のほうが少ないことは確か笑・・・。

嗣永:あままま、そうかもしれないんですが、なおかつ両方やってる人なんて数えられる程度だと思うので・・・

吉田:いないいない!! 嗣永さん!! 田所さんからどうぞ!!

田所:スゴイですよそれは・・・その上倹約家笑・・・

吉田:そうだ!倹約家!!

RN:ミスターテリーさん「超人であることはみんなが知っていますよ!!」

そうそう、それは確かなんですよ、アイドルとして、もう何曲の振り付け、歌詞が入っているんだろう、尋常じゃない数・・・

嗣永:まぁまぁまぁ・・・。

吉田:さらに、当然新しい曲があれば、レッスンもするし握手会もするし、そんな活動の中で、幼稚園の免許は普通取れないわけですよ。RN:シルエイティさん

「ピアノの練習とかもしたんですか?」

嗣永:ああ、実技のときは回避してました・・・。

吉田:回避?・・・・・

嗣永:ピアノ弾けないんですよ!!

吉田:これで弾けてしまったら、久しぶりに真野恵里菜さん(元ハロプロ)見てしまったなと言う気持ちになりますんで笑・・・。

嗣永:なんか片手で、譜面も読めるし音階も分かるし記号も分かるんですが、両手を一緒に動かすことが出来ないから・・・

吉田:そこだけ出来ない・・・

嗣永:だから、その授業の時だけ、たまたまお仕事が重なって行けなかったりしたので、実技のときはあまりいなくても、私は筆記だけでなんとかなっちゃったんです・・・これは学校にもよるだろうし、先生にもよると思いますけど・・・。

吉田:でも間違いなく国家資格として取得したわけですよね・・・

嗣永:はい!!

吉田:そのために、朝学校に通い、教育実習生としての務めを果たし、明日の準備をして寝る・・・みたいな日々を送っていた・・・それってアイドルとしてデビューしていたわけだから、そんな時期なかったんじゃないんですか?

嗣永:そんなことそれまでなかったから、その時期は、家族と毎晩、晩ごはんたべたりして、すごい新鮮でした。

吉田:ほぉ〜〜〜

嗣永:そういうのも含めてスゴイいい思い出になったなと思いますね。

田所:へぇ〜〜〜

吉田:モーレツ社長が家族愛に目覚めるパターンですね笑!!

嗣永:キャッキャッキャッキャッ!!

田所:ステキ!! でも逆にすごいステージ立ちたい、ライブ行きたいって思ったこともあったんじゃないですか?

嗣永:それもあるんですよ、踊りたくて仕方ない、歌いたくて仕方ないみたいな衝動に駆られたりだとか、やっぱり私はアイドルが好きなんだって改めて実感しました。

田所:ステキ!!

嗣永:そして先生って職業もやっぱり素晴らしいなと改めて感じた1ヶ月だったなって思いますね。

(SE:チャイム)

吉田:ちょっと待って、最後に質問・・・RN:なおナギさん

「生徒の将来の夢がアイドルだと言われた場合、嗣永さんだったらどんなアドバイスしますか?」

嗣永:実際言われました!!

吉田:あっ!ホント!?

嗣永:教育実習のとき、子どもたちに2パターン言われたんですけど、将来嗣永先生みたいなアイドルになるには?って言われたのと、将来嗣永先生のような先生になるには?って言う両方を聞かれて、それってめっちゃ嬉しい言葉で、夢を応援したいなって思いました。

吉田:ハロープロジェクトをおすすめするとか・・・

嗣永:はいはい、どうぞどうぞ!! オーディション終わったらいらっしゃい(みたいな・・・)どしどし応募してね!!って・・・。

吉田:めちゃくちゃ具体的!!!さて、そんな嗣永桃子先生に、このあと公開授業をしていただきます。お楽しみに!!

この日のゲストコーナーをradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。